ニュース

2019年12月23日

つみたてNISA、6月末時点で147万口座に到達<所得税>

2018年1月に開始した「つみたてNISA」の口座数が、2019年6月末時点で約147万口座に達したことが、金融庁がこのほど発表した「NISA口座・ジュニアNISA口座の利用状況調査」で分かった。「つみたてNISA」の口座数は2019年3月末時点から15.4%増加し、NISA口座数全体の増加に大きく寄与。また、つみたてNISAは、20歳~40歳代が約67%を占めるなど、個人投資家のすそ野が広がりつつある。

NISA(一般・つみたて)の総口座数は、2019年6月末時点で1308万9411口座(3月末比2.1%増)、うち、「一般NISA」は1161万8539口座(同0.6%増)、「つみたてNISA」の口座数は147万872口座(同15.4%増)。NISA(一般・つみたて)の総買付額は約17兆593億円(同3.5%増)で、うち、「一般口座」は約16兆8812億円(同3.2%増)、「つみたてNISA」の買付額は約1781億円(同33.7%増)だった。

つみたてNISA口座開設者の傾向をみると、一般NISAと比べ、20歳代~40歳代による口座開設の割合が多いことが特徴。一般NISAの口座開設者は、60歳代が約22%で最多、次いで70歳代が約21%で、20歳代~40歳代の口座開設者は合計で約30%に過ぎない。一方、つみたてNISAの口座開設者は、40歳代が約26%で最多、次いで30歳代が約25%など、20歳代~40歳代が6割半ば(66.6%)を占めている。

なお、ジュニアNISA取扱全金融機関333法人を集計した結果、2019年6月末時点のジュニアNISAの口座数は、32万8982口座(3月末比3.4%増)、その買付額は1405億8345万円(同7.9%増)となっている。2016年1月からスタートしたジュニアNISAは、祖父母や両親が子や孫のために金融機関に専用口座(未成年者口座)を開設して投資する場合、年間80万円の非課税枠を設ける制度。

池袋 税理士・豊島区 税理士の会計税理士事務所 久米会計事務所
東京都豊島区南池袋2-18-2 池袋南ビル2階
TEL:03-5927-9741 受付時間:平日9:00-17:00(土日祝を覗く)
https://www.kume-kaikei.com/

池袋 税理士,#豊島区 税理士


ご相談・お問合せは無料です。お気軽にご相談・お問合せください