ニュース

2019年8月26日:相続税の計算方法はどうなっているのか?<相続税>

相続税の計算方法はどうなっているのか?

基礎控除額・税率・相続人の範囲を詳しく解説

いざ相続が発生すると、相続税という問題に直面します。相続税の計算方法について
調べる必要があったり、詳しい法律を理解しようと思ったりしたときに、
「文章を読んでも意味がわからない」と思われる方が多くいます。その一番の原因は、
専門用語が多く出てくるからです。今回は相続税申告をする、相続税対策をしようと
思ったときに出てくる専門用語について、わかりやすく解説します。

相続とは、ある人が亡くなったときにその人の財産を、配偶者や子供など相続権の
ある人が受け継ぐことをいいます。相続権のある人のことを相続人と呼びますが、
誰が相続人になるのかは民法で定められています。相続人に関する用語には以下
のようなものがあります
【被相続人】

相続を行うときに財産を残して亡くなった人のことをいいます。
【法定相続人・相続人】
法定相続人とは、亡くなった人の財産を法律で受け継ぐ権利のある人をいいます。
配偶者は常に法定相続人となります。被相続人に子どもがいる場合は子どもも法定相続人
となります。

被相続人に子どもも孫もいない場合は親、親や祖父母などもいない場合には兄弟姉妹と
いうように、法定相続人には順位が定められています。
相続人は、法定相続人と同じ意味で使われることもあります。法定相続人でも
相続を放棄することもできるので、実際に相続をした人という意味で、相続人
という言葉が使われることもあります。

池袋 税理士・豊島区 税理士として地域密着型の久米会計事務所より
http://www.kume-kaikei.com/ 

池袋 税理士,豊島区 税理士


ご相談・お問合せは無料です。お気軽にご相談・お問合せください