ニュース

2019年9月25日:43万店を超えたポイント還元制度の加盟店登録申請<消費税>

経済産業省がこのほど公表したキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元制度)
の準備状況によると、加盟店登録申請は43万店を超え、この1ヵ月で倍近くに増加して
いることが明らかになった。

ただし、対象となる店舗は数百万とされており、事業開始が近づくと申込みが急増
することが想定される。

同省では、中小・小規模事業者に対して、加盟店登録は可能な限り早めに申し込む
よう呼びかけている。

ポイント還元事業は、10月1日からの消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、
キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率
引上げ後の9ヵ月間に限り、消費者が中小店等で購入した商品等の代金をクレジット
カードや電子マネー、QRコードなどのキャッシュレス決済手段により支払う場合、
5%(フランチャイズチェーンの場合は2%)が消費者に還元される制度。

今回公表された準備状況によると、4月からスタートした決済登録事業者数は8月19日
時点で775社。一方、5月中旬に始まった事務局への加盟店登録申請は、8月21日時点で
EC・通信販売合わせて43万1682件で7月末時点の23万9273件と比べて1ヵ月弱で1.8
倍まで増えており、このうち審査を通過した加盟店数は約20万店となっている。

業種別にみると、「小売業」が62%、「その他サービス業等」が24%、「飲食業」が
15%をそれぞれ占めた。

また、地方別にみると、「関東地方」が13万3934店(構成比31.0%)でほぼ3割を占
めて最も多く、以下、「近畿地方」8万3712店(同19.4%)、「中部地方」7万5666店
(同17.5%)、「九州地方」4万5595店(同10.6%)、「中国地方」2万6538店
(同6.1%)、「東北地方」2万6029店(同6.0%)、「北海道」2万2330店(同5.2%)、
「四国地方」1万3691店(同3.2%)、「沖縄県」4187店(同1.0%)となっている。

経産省では、審査体制を増強し、審査の迅速化に取り組んでいるが、決済事業者による
各加盟店の必要情報(契約情報や端末情報等)の入力遅れ等により、一部審査に遅れが
発生しているという。

同省としては、各決済事業者に対して、速やかな対応を要請しているところ。

引き続き、中小企業支援団体や金融機関等と連携して本事業の周知・普及に努めると
ともに、着実な加盟店登録に取り組んでいく方針だ。

「キャッシュレス・消費者還元事業」の準備状況等は↓
https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190823004/20190823004.html

池袋 税理士・豊島区 税理士の久米会計事務所からの新着

池袋 税理士・豊島区 税理士として地域密着型の久米会計事務所
http://www.kume-kaikei.com/ 

池袋 税理士,豊島区 税理士


ご相談・お問合せは無料です。お気軽にご相談・お問合せください